2001円 ベビー はらぺこあおむし デラックスアクティビティトイ ベビー、キッズ、マタニティ 出産祝い、出産記念品 ギフトセット ベビー はらぺこあおむし デラックスアクティビティトイ チープ /garoo2179904.html,2001円,デラックスアクティビティトイ,ベビー,sergiogiachetti.com.ar,ベビー、キッズ、マタニティ , 出産祝い、出産記念品 , ギフトセット,はらぺこあおむし 2001円 ベビー はらぺこあおむし デラックスアクティビティトイ ベビー、キッズ、マタニティ 出産祝い、出産記念品 ギフトセット /garoo2179904.html,2001円,デラックスアクティビティトイ,ベビー,sergiogiachetti.com.ar,ベビー、キッズ、マタニティ , 出産祝い、出産記念品 , ギフトセット,はらぺこあおむし ベビー はらぺこあおむし デラックスアクティビティトイ チープ

ベビー はらぺこあおむし デラックスアクティビティトイ チープ オンライン限定商品

ベビー はらぺこあおむし デラックスアクティビティトイ

2001円

ベビー はらぺこあおむし デラックスアクティビティトイ

※このアイテムは返品・交換対象外商品です。
ZOZO問い合わせ番号:49634681
ショップ:nihonikuji,二ホンイクジ
ブランド:ERIC CARLE,エリックカール,nihonikuji,二ホンイクジ,UBBI,ウッビィー
商品名:はらぺこあおむし デラックスアクティビティトイ
カテゴリ:ママ&ベビーgt;ベビーギフト
ブランド品番:6054085001
素材:ポリエステル,ABS, ポリエチレン
原産国:中国
カラー:マルチ
サイズ:ONE SIZE
企画ID:1196907,1196906,1196905,1175990,1106167,1106165

はらぺこあおむしのベビーカーや、色々なところに使える大きめのアクティビティソフトトイ。
五感の発達促進を考えて作られています。鮮やかなカラーや、ピカピカ光る素材がイメージと色の認識力を養います。はっぱのメロディ記号♪を押すと「きらきら星」のメロディが流れます(1フレーズ(約15秒間)電池交換不可)おなかのビーズボールはくるくる回すとラトルのような音を立て、ビーズが中でおどります。回すことで指先の運動能力の発達を促進します。おしりのクリアポッケにはリンゴの押し笛が。取り出して遊んでもなくさないストラップ留め。出産祝い等のギフト需要にも最適です。
【対象年齢】0ヵ月〜
【実寸】ONE SIZE:幅40 奥行き9.5 高さ20

ベビー はらぺこあおむし デラックスアクティビティトイ

News

2021.11.10 IR

第12期 第3四半期四半期報告書 (304KB)

2021.11.10 IR

2021年12月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) (240KB)

2021.11.10 IR

自己株式の取得状況及び取得終了に関するお知らせ (会社法第459条第1項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得) (116KB)

新中期経営計画(2021-2023年)

philosophy

食糧増産技術(アグリテクノロジー)と真心で世界の人々に貢献します

食糧増産技術(アグリテクノロジー)

弊社では、世界の食糧増産に貢献する製品開発を行っています。
3つの「アグリテクノロジー」を極め、世界に普及させるために、社員自らも栽培に挑戦する会社です。

防除技術

2拠点の研究体制(鳴門・インド)高安全性・新規有効成分探索

施肥灌水技術

栽培技術 水耕栽培肥料 国内シェアNo.1

バイオスティミュラント

環境・病害虫に対し作物の免疫力を高める生物多様性の尊重

  • 食糧増産が必須
  • エネルギーの大量消費
  • 自然破壊

SDGs・CSRへの取り組み

  • 食糧増産が必須

    農薬使用による薬剤耐性の発生

    新規開発を行っている農薬メーカー
    は約千社の中で日欧米の20数社

    新規薬剤開発防除技術

  • エネルギーの大量消費

    地球温暖化
    局所的な気候変動

    作物へのストレス増大

    作物の免疫力の向上バイオスティミュラント

  • 自然破壊

    砂漠化・塩害・水質汚染
    世界の土壌の3割が劣化

    必要最小限の水と肥料施肥灌水技術

OATアグリオグループの企業活動そのものが、SDGsへの取組みです。
『アグリテクノロジー』を普及させることが“環境保全”・“資源効率の改善”・“飢餓撲滅”に繋がります。

取り組み事例

CSR基本方針の下、主に鳴門市内の小学生を対象に「栽培の楽しさを知ってもらうとともに、植物について学習する機会を設ける」をテーマとして栽培学習会や栽培研究センター見学会を実施しています。

海外展開

弊社は3つの「アグリテクノロジー」を軸に、グローバルな視点で製品開発を行っております。
国内外の関連会社と共に海外展開を加速、世界の食糧生産に貢献します。

PICK UP