EM珪藻土用 専用シーラー EMS 4L 缶 明日届く LOHAS EM珪藻土専用 シーラー あすつく ついに再販開始 下地材 material ジョイント処理剤専用液 あす楽 明日届く,EMS,EM珪藻土用,sergiogiachetti.com.ar,EM珪藻土専用,2674円,/sartain2016554.html,下地材,シーラー,4L/缶,LOHAS,サービス・リフォーム , リフォーム , 設備・部位のリフォーム , 内装のリフォーム , 壁のリフォーム・クロスの張替え,ジョイント処理剤専用液,4L/缶,EMS,あす楽,material,専用シーラー,あすつく 明日届く,EMS,EM珪藻土用,sergiogiachetti.com.ar,EM珪藻土専用,2674円,/sartain2016554.html,下地材,シーラー,4L/缶,LOHAS,サービス・リフォーム , リフォーム , 設備・部位のリフォーム , 内装のリフォーム , 壁のリフォーム・クロスの張替え,ジョイント処理剤専用液,4L/缶,EMS,あす楽,material,専用シーラー,あすつく 2674円 EM珪藻土用 専用シーラー EMS 4L/缶 明日届く LOHAS material EM珪藻土専用 下地材 シーラー ジョイント処理剤専用液 EMS 4L/缶 あす楽 あすつく サービス・リフォーム リフォーム 設備・部位のリフォーム 内装のリフォーム 壁のリフォーム・クロスの張替え 2674円 EM珪藻土用 専用シーラー EMS 4L/缶 明日届く LOHAS material EM珪藻土専用 下地材 シーラー ジョイント処理剤専用液 EMS 4L/缶 あす楽 あすつく サービス・リフォーム リフォーム 設備・部位のリフォーム 内装のリフォーム 壁のリフォーム・クロスの張替え EM珪藻土用 専用シーラー EMS 4L 缶 明日届く LOHAS EM珪藻土専用 シーラー あすつく ついに再販開始 下地材 material ジョイント処理剤専用液 あす楽

EM珪藻土用 専用シーラー EMS 4L 缶 明日届く LOHAS EM珪藻土専用 値引き シーラー あすつく ついに再販開始 下地材 material ジョイント処理剤専用液 あす楽

EM珪藻土用 専用シーラー EMS 4L/缶 明日届く LOHAS material EM珪藻土専用 下地材 シーラー ジョイント処理剤専用液 EMS 4L/缶 あす楽 あすつく

2674円

EM珪藻土用 専用シーラー EMS 4L/缶 明日届く LOHAS material EM珪藻土専用 下地材 シーラー ジョイント処理剤専用液 EMS 4L/缶 あす楽 あすつく



弊社オリジナル商品「EM珪藻土」専用のシーラー、ジョイント処理剤専用液です。
ジョイント部分はもちろん、クロス下地を処理する際、接着材の役目となり、接着強度を高めます。

■ 容量
4L/約120平米

<使用方法>

■ 出隅、入隅部の処理
・EMS(専用シーラー)の3倍液をたっぷり塗って水引を一定にしてください。
・グラスファイバーテープ(コーナー材)を張る。(出隅、入隅部に)
・パテ材(不陸調整用)でグラスファイバーテープを隠すように巾広にしごきます。

■ 石膏(せっこう)ボードを、切ったものが張り合わされた場合
石膏ボードを現場で切断し、木口の紙が破れて石膏が剥き出しの場合は、水引が違うので、
EMS(専用シーラー)の3倍液をたっぷり塗って水引を一定にしてください。(水引が違うとクラック・色ムラの原因になります)

■ EMP(専用パテ材)と一緒に使用
EMS(専用シーラー)3倍液(EMS1に対して清水2の割合)で用意して、EMP(専用パテ材)とかくはんして使用します。

■ その他
EMA(アク止めパテ)を使用する場合や異種ボードの張り合わせ、ビニールクロス下地の場合、など様々な用途でEMS(専用シーラー)は使用します。

詳しい施工方法につきましては、施工説明書をお送りさせて頂きますので
お問い合わせフォームよりお申し付けください。

※EM珪藻土専用下地材は、100%自然素材ではありません。ご了承ください。
※必要数量の計算いたします。フォームよりお申し付けください。

EM珪藻土用 専用シーラー EMS 4L/缶 明日届く LOHAS material EM珪藻土専用 下地材 シーラー ジョイント処理剤専用液 EMS 4L/缶 あす楽 あすつく

News

2021.11.10 IR

第12期 第3四半期四半期報告書 (304KB)

2021.11.10 IR

2021年12月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) (240KB)

2021.11.10 IR

自己株式の取得状況及び取得終了に関するお知らせ (会社法第459条第1項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得) (116KB)

新中期経営計画(2021-2023年)

philosophy

食糧増産技術(アグリテクノロジー)と真心で世界の人々に貢献します

食糧増産技術(アグリテクノロジー)

弊社では、世界の食糧増産に貢献する製品開発を行っています。
3つの「アグリテクノロジー」を極め、世界に普及させるために、社員自らも栽培に挑戦する会社です。

防除技術

2拠点の研究体制(鳴門・インド)高安全性・新規有効成分探索

施肥灌水技術

栽培技術 水耕栽培肥料 国内シェアNo.1

バイオスティミュラント

環境・病害虫に対し作物の免疫力を高める生物多様性の尊重

  • 食糧増産が必須
  • エネルギーの大量消費
  • 自然破壊

SDGs・CSRへの取り組み

  • 食糧増産が必須

    農薬使用による薬剤耐性の発生

    新規開発を行っている農薬メーカー
    は約千社の中で日欧米の20数社

    新規薬剤開発防除技術

  • エネルギーの大量消費

    地球温暖化
    局所的な気候変動

    作物へのストレス増大

    作物の免疫力の向上バイオスティミュラント

  • 自然破壊

    砂漠化・塩害・水質汚染
    世界の土壌の3割が劣化

    必要最小限の水と肥料施肥灌水技術

OATアグリオグループの企業活動そのものが、SDGsへの取組みです。
『アグリテクノロジー』を普及させることが“環境保全”・“資源効率の改善”・“飢餓撲滅”に繋がります。

取り組み事例

CSR基本方針の下、主に鳴門市内の小学生を対象に「栽培の楽しさを知ってもらうとともに、植物について学習する機会を設ける」をテーマとして栽培学習会や栽培研究センター見学会を実施しています。

海外展開

弊社は3つの「アグリテクノロジー」を軸に、グローバルな視点で製品開発を行っております。
国内外の関連会社と共に海外展開を加速、世界の食糧生産に貢献します。

PICK UP